THE GUAYSの2ndアルバム『After my vacant』11/15リリース決定!!

IMG_1651
THE GUAYS 2nd album『After my vacant』

【収録曲】
1.耳鳴り
2.teen heaven
3.Breaking out
4.Boys
5.Useless
6.Stupid days
7.スモールライフル
8.3カウント

発売日
2017年11月15日
jsgm24
¥2.200(税抜)

【YOU TUBE】
https://www.youtube.com/embed/vgX-T7Z2D9w

【Sound Cloud】
https://m.soundcloud.com/jusangatsu/guays-useless

THE GUAYS official HP
http://theguays.com/

【取り扱い店舗】
DiskUnion各店舗、online
Base
Soul Mega Mart
◯か×
Flake Records
record shop DIGDIG
福山Music Factory
Tommy’s distro
JET SET下北沢店、京都店
3rd and homie
Holiday! Records
Impulse Records
十三月の甲虫online

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【Album lnfomation】
東京で活動中のグアイズが五年ぶり上京後初の2nd Full Album『After my vacant』を完成させた。1stAlbum砲撃から、CAR10とのスプリットroomshare ep.など経て約5年、新ベーシストゆうしが加入して新体制初の待望のフルアルバムを十三月の甲虫からリリースする。
レコーディングエンジニアにSupercarなどを手掛けるHiroaki Kanaiむかえ、クリアな歯切れのいい音像が全8曲分、疾走する。
日々の退屈なルーティンから生まれるどうしようもない気持ちを肯定しながらも払拭して前に進んで行く。そんなポジティブなバイブスに溢れるアルバムになっている。ジャケット写真はマヒトゥ・ザ・ピーポーによるもの。
レコ発は新代田Feverで東京初のONE MANを行う。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

そして、来年から回る『After my vacant tour 2018』の日程です。 グアイズはまた新しい街に出会いに行きたいと思っています。もちろん今まで出会った街にもです。 どなたからでもの連絡お待ちしています。詳しくは下の画像を是非見てください!!➡︎the.guays1234@gmail.com

IMG_0031

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【グアイズprofile】

IMG_17752010年6月頃
キャプテン・リョウスケVo.Gt、ヒロシGt.Vo、ユッキーDr.cho、モモBa.choのメンバーで大阪を中心に活動を始める。
2011年6月
初のDemo音源『GORUNGUN』を発売
この頃から地方や東京にも足を運び始め、ライブジャンキーになっていく。
2012年4月
初の海外アメリカツアーで飛び込む。
3本のライブがライブを重ねていくうちにどんどんライブが決まっていき、映画ロッキー発祥のフィラデルフィアまで足を運んだアメリカプチツアー。
11本のライブを決行。

2013年7月
NYtourEP発売
NYツアー時のライブ音源と行く前にカセットで録音した音源を、
カセットとCDで再発
2013年9月13日
@心斎橋火影 初のワンマン『砲撃』レコ発一発目
この後、拠点を大阪から東京に移す。

2013年10月10日
1st album 「砲撃」を自主レーベルより発売。

2014年4月
地方のやばい奴らを東京に招いての自主企画【RAW VIBE】やりはじめる。

2015年2月18日
2nd 7inchレコード『GOO!CHOKI!PUNCH!』を十三月の甲虫よりリリース。
ジャケはオーストラリアのレジェンドパンクバンドHard-ons Ray氏による書き下ろし。

2015年9月
十三月の甲虫主催でMean Jeans(US)を招き、GEZANと3バンドで最高の胸じんツアーを行う。
そのファイナルでベースのモモが脱退。
キャプテンがベースにチェンジし活動。

2016年2月17日
写真家池野詩織による、MEAN JEANS(US)、GEZAN、GUAYSの胸じんツアーの写真集『BUBBLE BLUE』をKiliKiliVillaより発売

2016年2月23日
新ベーシスト”ユウシ”が加入。
四人体制でまたはじまる。

2016年9月14日
CAR10とのスプリット『room share ep.』をKiliKiliVillaから発売

NUUAMMアー写_big

NUUAMMの2ndアルバム『w/ave』(うぇいぶ) 日本と台湾で6/28同時リリース決定!!

NUUAMMアー写_bigphoto by Yuichiro Noda

 

NUUAMM       『w/ave』

 

”夜を縫う、朝を編む” というコンセプトからうまれたNUUAMM。前作から2年半ぶりとなる新作『w/ave』(うぇいぶ)。
現実と夢を行き来するようなサイケデリックさと、暗闇から蜜を集めてうまれた、人と幽霊の間にいる者たちのためのサウンドトラック。

 
 

青葉市子とマヒトゥ・ザ・ピーポーによる、 ”夜を縫う、朝を編む” というコンセプトからうまれたNUUAMM。
前作から2年半ぶりの新作、『w/ave』(うぇいぶ)は “ようこそ” と “さようなら” の二つのAVEという意味で、現実と夢を行き来するようなサイケデリックで幽遠な音像になっている。今作も誰も立ち入らない密な空間でセルフプロデュースにてレコーディングされた真夜中のため息のようなアルバムだ。目まぐるしくかわる時代や時間の流れからは超越し紡がれた暗闇の蜜のような10曲。人が誰もいなくなった都市と、そこで踊る幽霊のためのサウンドトラック。

 

漆黒に浮遊する鉱石と二人が描かれたアルバムのジャケットは前作同様、イラストレーターでありマンガ家、作家として活動する近藤聡乃が書き下ろしたイラストが起用され、デザインも前作同様、北山雅和が手掛けている。

 

なお今作は同時に台湾などでもリリースが決まっている。(台湾ではCDとカセットの二形態で発売予定。)

 
 

【NUUAMM(青葉市子 / マヒトゥ・ザ・ピーポー)】
2014年、青葉市子とマヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)により結成される。
2014年12月、1st album『NUUAMM』をリリース。
すべてのライブ活動をワンマンライブにて行っている。
2017年4月、初の台湾公演を成功させる。

 

2017.02.03(sat)十三月の甲虫presents「BODY LANGUAGE the hatch&馬車馬 Wレコ発」開催決定

十三月の甲虫presents「BODY LANGUAGE the hatch&馬車馬 Wレコ発」
2月3日(sat/midnight) at 吉祥寺 WARP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【出演】

falls
CapeLight
the hatch(北海道)
5000
NEVER END ROLLERS
sleepless
shipyards
馬車馬(大阪)
DJ ヒロシ&キャプテン

OPEN /START 23:30
ADV./DOOR.¥2300

【チケット予約/問い合わせ】
info@gezan.net

主催,info : http://gezan.net/

 

 

 

 

sk

“ 全感覚祭 16 “開催決定!!

sk

“ 全感覚祭 16 ”

詳細、出演者はPYUTH web siteにて順次発表されます。
乞うご期待!

【会場】
多摩三角公園広場

【日時】
12/11(SUN)  11時開始

【ボランティア・カンパ募集してます!】
ゆうちょ銀行 四五八支店  普通預金
1156467 カネコツカサ

zenkankakusai.volunteer@gmail.com

池野詩織 “BUBBLE BLUE” photo exhibition 『バブルブルードッグ』開催

tumblr_inline_o35d6xhgHv1sjg9zx_500
池野詩織 “BUBBLE BLUE” photo exhibition 『バブルブルードッグ』
2016.3.21.mon – 3.28.mon 12:00 – 20:00 ※ 期間中 無休

池野詩織がおさめたバンドたちの青春ツアードキュメント写真集”BUBBLE BLUE”の写真展

「GEZANとTHE GUAYSがアメリカから呼んだMEAN JEANSはツアーメイトのわたしたちのことをよくふざけて「my dogs」って呼んでた。その響きがうれしくて、毎日犬みたいに遊ぶことに身も心も捧げて、無我夢中でシャッターを切り続けた。」

⚫️3.27.sun 12:00 – 18:00 closing party → live マヒトゥ・ザ・ピーポー / 下津光史

 

IMG_1110
⚫️BUBBLE BLUEに写されたドキュメントへよせたファンジン「胸ZINE」を展示会場限定で販売します。¥1,500(tax in)

 

CdpsUOsWEAE3XTQ
⚫️イーグル・タカ MIX CD「BUBBLE BLUE MIX」を展示会場限定で販売します。¥1,000(tax in)

 

 

MEAN JEANSとの胸ジンツアーに関わった人からなる「胸ZINE」発売決定

IMG_1110
十三月の甲虫とMEAN JEANSとの胸ジンツアーのあった2015年、九月、
駆け抜けた青すぎる夏に関わったバイブス野郎達による記憶の記録
その名も「胸ZINE
」夏果汁120%のPURE の塊!柔なハートがしびれる!
BUBBLE BLUEの展示会場で販売します。

 

「胸ZINE」starring
IMG_1111
川田(car10) / イーグルタカ(GEZAN) / コーヘーボーイ / ロッキー(THE WEMMER)
ニシダ ヒロキ(福山MUSICFACTORY) / 尾広(viva kappa) / はまじ(kk manga)
安孫子真哉(kilikilivilla) / キャプテン・リョウスケ(THE GUAYS) / シャーク安江(GEZAN)
伊藤 大樹 (5000) / STANG / TAYLOW(the 原爆オナニーズ) / ヒロシ(THE GUAYS)
Hikari (BOMBORI) / カイト(VOTZCO) / うしくん(SEVENTEEN AGAiN,number two)
昨日もジョー(フラワーオブロマンス) / ビリー(MEAN JEANS) / チャーリー(MEAN JEANS カメラマン)
MASAHO ANOTANI / KMC / マヒトゥ・ザ・ピーポー / オートモアイ / 加藤雅崇(THE ロック大臣ズ)
ユキちゃん(NDG) / わかめ(龍宮ナイト) / みどり(the hatch,中華一番) / はまいしんたろう(ロンリー)
カルロス尾崎サンタナ(GEZAN) / ユッキー(THE GUAYS) / 池野詩織 / かんちゃん(B玉)
滝本ラムネ(kk manga) / でか鼻人間(suueat) / THE FULL TEENZ / And Summer Club / あかいぬ(にっぽん食堂)
タッシ(ねじ梅タッシと思い出ナンセンス) / さとこ / 金子泰子(ヒロシのおかん)

編集:ヒロシ カネコ
監修:マヒトゥ・ザ・ピーポー

BUBBLE BLUE発売を記念して安孫子真哉×池野詩織×マヒトゥ・ザ・ピーポー
による対談がCINRA.netにアップされました

cinra2
元銀杏BOYZ 安孫子とGEZAN マヒトが考える、新しいレーベルのあり方          

かつてのミュージシャンにとっての「幸福」は、メジャーデビューをし、CDを何百万枚も売り、アリーナやスタジアムを満杯にすることだった。しかし、時代は徐々に変化をしていく。今はCDを何百万枚も売ることは夢のまた夢だが、その一方で、音源をリリースすること、フェスを作ること、海外のバンドを呼んでツアーを回ることでさえも、自分たち次第で実現可能な時代になった。「幸福」の形は、無数に広がっている。

 

そうした状況のなか、昨年くらいからか、音楽好きたちから「またパンクが盛り上がってきている」という話を耳にする機会が増えた。そして、その要因として挙げられるのが、元銀杏BOYZの安孫子真哉を中心に、2014年に設立された新レーベル「KiliKiliVilla」(キリキリヴィラ)の存在だ。銀杏BOYZ脱退後の安孫子は東京を離れ、一時は音楽からも離れた生活を送っていたそうだが、新たなバンドたちとの出会いによって、レーベルの設立を決意したという。

 

また一方では、自主レーベル「十三月の甲虫」を運営し、自分たちの祭り『全感覚祭』を興したバンドGEZANのオルタナティブな活動にも、その界隈で注目が集まっている。どちらも自分たちの居場所として「レーベル」を運営しているという共通点があり、両者は出会ってすぐに意気投合、KiliKiliVillaから写真集『BUBBLE BLUE』がリリースされる運びとなった。

 

それにしてもなぜ、写真集のリリースなのか? 『BUBBLE BLUE』は、GEZANのマヒトゥ・ザ・ピーポーたちの行動によって発生したMEAN JEANS来日ツアーを記録した写真集であると共に、両レーベルが考える、この時代のひとつの楽しみ方の記録であり、現れでもある。『BUBBLE BLUE』の撮影を担当したフォトグラファーの池野詩織も交え、その実体をじっくりと語り合ってもらった

 

対談はこちら

3/18(fri) “BUBBLE BLUE”発売記念イベント、「BUBBLE LANGUAGE」開催決定

3月18日(fri)
十三月の甲虫 & kilikili villa presents
池野詩織「BUBBLE BLUE」発売記念
「BUBBLE LANGUAGE」
S__7643144
【会場】 下北沢 BASEMENTBAR & THREE
http://www.toos.co.jp/

【出演】
GEZAN / car10 / SEVENTEEN AGAIN / THE GUAYS
BOMBORI / Have a nice day! / あっこゴリラ
KMC / KK manga / ナツノムジナ / 5000
ラミ子 / Minoura Kentaro

【FOOD】音飯

 

OPEN START 23:30
ADV.¥2,000/DOOR.¥2,500 (+1D)

【チケット】
2/19日10:00よりe+にて発売開始

THREEメール予約を以下のアドレスにて受付します
ticket3@toos.co.jp(イベント日付・氏名・枚数の明記をお願いします)

本日2/17発売、GEZAN , THE GUAYS , MEAN JEANSとのツアーをおさめた
池野詩織 写真集 “BUBBLE BLUE”


フォトブック『BUBBLE BLUE』
写真・池野詩織
2月17日発売
KKV-023B
¥2,000+tax
本文116ページ、フルカラー写真集

2015年夏、アメリカのバンドMEAN JEANSとGEZAN、THE GUAYSが13日間で9ヶ所を駆け抜けたツアー『MEAN JEANSの胸ジンツアー』に密着。言葉にならないエモーションを焼き付け、説明できない気持ち撃ち抜いた記録。
KiliKiliVIllaより発売!


【取り扱い店一覧】
ディスク・ユニオン / JETSET / Disk Shop Misery / Stereo Records
HMV records shop渋谷 / ココナッツディスク吉祥寺 / 3rd & Homie(足利)
ON A ROLL DISTRO(福山)/ パルコブックセンター渋谷 / 代官山蔦屋書店
吉祥寺バサラブックス / voyage kids(大阪)/ ヴィレッジヴァンガード下北沢

オンラインでの購入はこちら→https://store.kilikilivilla.com/


GEZANとGUAYSのたった一通のメールで来日したアメリカのMEAN JEANSとのJAPAN TOUR13日間、炭酸の泡のように走り抜けた一夏を写真家、池野詩織がおさめたフォトブック ”BUBLE BLUE”
この青春みたいな出会いにコトバも国境も時代もなかった。ただ真ん中に音楽があって、毎日飲んで、走って、叫んだ。
これはその胸じんの震えの記憶。このBUBLE BLUEはボクにまだ見たコトのない青色をみせてくれた。

マヒトゥ・ザ・ピーポー


池野詩織 / SHIORI IKENO

1991年生まれ。2012年よりフォトグラファーとして活動を開始。
日常のドキュメントスナップ写真を作品として発表している作家活動とともに、雑誌やウェブなどでフリーランスフォトグラファーとして活動中。展示やジンフェアにも定期的に参加している。
また、写真家という肩書きに縛られず自由に遊ぶためのチーム BOMB COOLERを写真家 松藤美里とともに結成し、活動していた。 これまで、シブカル祭。のメインビジュアル、バンドどついたるねん写真集への参加、パルコのポスター/CM起用、Jennyfaxのコレクション撮影など、オールジャンルで活躍。
日常のなかの青春を感じる瞬間にアンテナをはり、写真を撮りあつめている。

ikenoshiori.tumblr.com


このフォトブックに記録されている「胸ジンツアー」はGEZANとTHE GUAYSがアメリカ・ポートランドにいるまだ見ぬ友達、MEAN JEANSを招聘して2015年の9月に行われた。
僕が目撃出来たのはほんの一部だけだったけど、それでもこの空間に立ち会えた事は一生忘れられない体験になるだろう。
会場に入った瞬間からみんなの表情や振る舞いを見てただならぬ高揚感に溢れている事が一瞬で感じられ僕はもうなんだか最初から泣きそうだった。
年月も距離も言葉すらも全ての壁を彼らは強烈な実直さと圧倒的なスピード感を持ってゼロにした。
それは本能なんだろう。
そしてそこに集まっているみんなも本当にいい顔をしている。
気持ちがかよいまくった素敵な空間が創り出されていた。
こんな事がやっぱり愛しく、そして切実に我々が日常の中で求めている事なんだと実感する。
音楽を通じて観たい景色がまさにそこにあった。
池野さんの収めたこの一瞬達は本当に嘘偽りない生々しく煌めいた彼らの一夏の記録。
作中はツアーに纏わる前後の物語も収められているドキュメントでドラマはドラマを生んだ。
人間がおおいに喜びあい、激しく哀しみに暮れている。
2015年。
僕はやっと夏が好きになれた。

安孫子真哉/KiliKiliVilla